フィコシアニンの性質や摂取により期待される効果

フィコシアニンは水溶性蛋白質の一種で、青色を示す色素としての性質も併せ持った物質です。

自然界においては海藻類に多く含まれており、光合成を担う働きを有しています。

iemoのことならお任せください。

また熱を加えると退色する性質があり、海苔等を焼いた際に緑色が強調される理由を、この性質によって他の色素が強調される事象に求める事が出来ます。
こうした性質を持つフィコシアニンですが、ヒトが経口で含有する食物を摂取・吸収した後には、体内で抗酸化物質として働く事が解かっています。活性酸素の害を抑える事で細胞の再生や保護を促し、ひいては生活習慣病・発癌の予防に繋がるとされます。
また含有量の多い藻類には食物繊維も豊富な為、これと相乗効果を発揮する形で老廃物の排出促進にも効果が高いとされています。



健康効果を期待する為に1日に摂取すれば良いとされる量は藻類換算で数グラム程度であり、普段から海苔や海藻を食べる習慣があれば充分に満たせる量となっています。

前述のように熱による色の変化はあるものの失われる事は無いので、様々な調理法で効率的な摂取が可能な事も魅力的な点です。

また最近では、特定の藻類から採取・精製したサプリメント商品も販売されています。

これであれば、より手軽且つ継続的にフィコシアニンを補給する事も可能となります。
用量を守る必要はありますが、もともと自然界に存在する物質である事から、過剰症・副作用の心配があまり無いのも嬉しいところです。

フィコシアニンのための情報を提供するサイトです。